脱毛ができない人はどの様な人か

脇毛やⅤラインなどの気になる部位の脱毛をしたくてもできない人とは一般的に、はじめての生理が来てから1年が経過していない人や妊娠中や生理中などの一般的に言われるホルモンバランスがとても不安定な時期にある人です。なぜなら、ホルモンの状態が不安定な時期に施術を受けるとちょっとした刺激に肌が反応してしまうために、後キズが残ってしまったりするためです。また、ホルモンバランスが不安定な人以外にも持病などがあり、薬を飲んでいる場合は薬の成分と施術薬の成分やレーザーが反応を起こしてしまい、大きなシミになってしまったりする場合があるためです。この様に脱毛ができない人は限られていますがたくさんいます。

この様な状態の場合は、生理や妊娠が終わりホルモンバランスが安定してから施術を始めることが基本となります。薬を飲んでいる場合は一部の薬に反応が起きるということですから、事前カウンセリングの際などに相談をしておくとトラブルを未然に防ぐことができます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ